福島県伊達市 "ほどよい田舎"に来てみませんか?

独身Iターン女子、10年前を振り返る。

皆さん、こんにちは。地域おこし支援員の小林です。
東日本大震災から10年が経ちました。
この日、私は東京の管理栄養士の学校で、国家試験前最後の模擬試験中でしたが、地震で中断し、公園へ避難指示が出されました。
その後帰宅難民になり、なんとか深夜に帰宅できましたが、本番の試験まで度々の地震の中で勉強していました。

自分は無事で、おそらく受験もできる。

でも、被災地の受験生は難しいかもしれないし、亡くなった方も。

だから自分は、この年に絶対合格しなきゃいけない!

と、皮肉にも地震をきっかけにラストスパートでき、晴れて国家試験に合格。管理栄養士となりました。まさか10年後、地震のあった福島で活動し、3.11の余震ともいわれる地震に遭うなんて思いもしませんでした。

移住前、知人にこう言われました。
「放射線とか、気にならないの?」
それにはこう答えました。

「大丈夫。人が住んでいるんだもん。住んでいる人がいるのは、生き証人だから。」

今でも尚残る、風評被害。
風評は一瞬で広がり、打ち消すには果てしない努力や歳月がかかるのかもしれません。
それでも前に進まなければいけないこの地で、余所者からその地の一員となれるよう、一緒に歩んでいくだけです。

最後に自分の活動のお知らせです。

『めぐるくらし市』出店
日時:3/28  10時〜16時
場所:Co-Learning Spaceアカリ(国見町)

尚、月1の工房直売は、国見への“出張La Lunaデー“となります。

この記事を書いた人

小林 朗子
東京都板橋区出身。2020年3月2日付で、地域おこし支援員に着任。音大卒の調理師、管理栄養士という異色経歴。担当地区の月舘町産小麦を使った菓子やパンの技術指導や工房直売等を行っている。こだわりは白砂糖を不使用で、ミネラル摂取ができる甘味を利用すること。実は太りにくく、イライラしにくい体作りができる嗜好品を目指している。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる