福島県伊達市 "ほどよい田舎"に来てみませんか?

独身Iターン女子、苦手な〇〇〇作りを始める。

皆さん、こんにちは。地域おこし支援員の小林です。今年はポストへカエル王子の移住がないまま夏を終えた・・・と思っていたら、老朽化した門の中に王子がいつの間にか住み着いていました。

帰宅時になんとなく門に向かって「ただいま♪」と言ってみたら、ひょこっと出てきました。

お出迎えしてくれたの(☆>▽<☆)?!と私は大喜びだけれど、王子は硬直。きっと「やべっ・・・( ̄▽ ̄😉」と不用意に飛び出したことを後悔していたのでしょう。。。

こんな感じで、移住1年半が過ぎても私にとっては日常の様々なことが“アトラクション”であり、月舘町内にいるだけでも十分に楽しんでいます。

ただ、イベント中止が相次いでちょっとつまらなくなってきたので、今回は新しく始めたことについて書こうと思います。

 

・イベント中止で始めたこと

地域のお祭りや花火、8月、9月は朝市などが中止となり、その分、ある商品の開発を始めました。それは「あんパン」です。

 

普段使っている月舘町産小麦粉の『ゆめちから』は分搗製粉の為、真っ白に製粉されたものと比べると、独特の風味があります。その風味に負けない餡を合わせたいと思い、月舘町産の小豆を使って餡づくりをしています。

 

砂糖の量と種類、粒あん、こしあん、潰し餡(粒あんをフードプロセッサーにかける)等、小豆餡だけで何通りも作れます。また生地に使う“ゆめちから”の割合を変えれば、合う小豆餡が変わってくるので、完成までは難航しそうです。

加えて・・・、実はあんこが苦手なのです(^^;

 

・なんで苦手なのに作るのか?

それは地域の方に馴染みのある甘いパンのリクエストが“あんパン”だったからです。

だからと言って、月舘町産の小麦粉を使わず、市販のあんこを包んでは、支援員として私が作る意味はありません。

「だったら月舘の小麦粉と月舘の小豆で作るならやるわよ!」

ということで、あんこオンリーが苦手な私でも美味しく食べられるあんパン作りが始まりました。

 

・できあがったものは・・・

早速方向が変わってきました。

あんパンではなく『あんこ食パン』ができてしまいました。

しかもトーストしてバターを乗せれば、これ、私でもイケます!!

ということで、今後はあんこ食パンの研究になるでしょう。

 

10月の予定

『秋桜マルシェ』(10/2)

2か月に1回開催している町内マルシェ。10月は場所を移動して“まるだい”で行います。

あんこ食パンも登場するかも?

 

La Lunaデー』(10/26)

工房直売が9月より再開しました。事前予約制となりますので、近くなりましたら、facebookページの「小麦工房La Luna」もしくはブログ(https://ameblo.jp/tca-circle/)でアナウンスいたします。

 

『オンラインパン教室』

今後オンラインでもレッスンできるよう、準備を進めております。レッスンモデルを募集しますので、ご興味のある方はご連絡下さい↓

https://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/17127

この記事を書いた人

小林 朗子
東京都板橋区出身。2020年3月2日付で、地域おこし支援員に着任。音大卒の調理師、管理栄養士という異色経歴。担当地区の月舘町産小麦を使った菓子やパンの技術指導や工房直売等を行っている。こだわりは白砂糖を不使用で、ミネラル摂取ができる甘味を利用すること。実は太りにくく、イライラしにくい体作りができる嗜好品を目指している。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる