福島県伊達市 "ほどよい田舎"に来てみませんか?

独身Iターン女子、桃に萌える♪

皆さん、こんにちは。地域おこし支援員の小林です。
この記事を皆さんが目にする頃、移住半年を迎えております。
福島で初めて迎える夏は長雨で、自分史上、最も梅雨明けを待ち焦がれました。
7月中のわずかに晴れた日、蝉とヒグラシの鳴き声を同時に聞いた時には、ここの夏は短いのだと感じました。

さて、待ちわびたのは夏だけではありません。
桃を待っていました!
旬が短いですが、品種が多いおかげで7月~10月頃まで楽しむことができるようです。
中でも伊達市生まれの『夏の陽』という、伊達市(高橋もも園)で作られた品種をご存じでしょうか?
「あかつき」より糖度が高いとかで、実のどこを食べても死角が無い程の甘みでした。
これを作られた高橋忠吉さんは学者さんでもあり、休むことなく品種改良を続けていらっしゃいます。
そして桃の名前がお洒落!
”黄美(きみ)シリーズ”とでもいうのでしょうか。
『黄美の香り』『黄美の月』『黄美のハート』等。
忠吉さんに聞いたところ「家庭のお財布を握っているのが女性なので、女性を意識して名前を付けた」のだそうです。
なので、このネーミングにハートを射抜かれたあなた!
ぜひ「道の駅国見あつかしの郷」やyahoo、伊達市のふるさと納税の返礼品等で購入できるそうなので、のぞいてみて下さい。

ちなみに桃は生で頂くのが一番おいしいと思いますが、たくさん桃を頂く機会があり、贅沢にもそれに飽きてしまいました。
なので、こんな食べ方はいかが?
種をくり抜きカスタードを詰め、表面に艶出しを塗ってミニタルトに乗せれば『桃丸ごとタルト』の完成!
ここは果物の宝庫。サイコー!!

では最後に、私の今後の活動について3つほどご紹介です。
①前回に触れていたパン・焼き菓子教室は、9月以降開催いたします。日程等の詳細は下記URLへ。
https://tca-circle.amebaownd.com/posts/9486490

②私の拠点である『小麦工房La Luna』で、お試しで月1回直売を始めます(不定期)。
9月は18(金)の12時~16時です。
ぜひ殿ノ上集会所(元月舘保育園)までお越し下さい!
交流館もりもりにはない商品もあるかもしれません!
尚、パンは予約販売(4日前まで)とさせて頂きます。
お問い合わせは下記URLのフォームからお願いたします。
https://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/17127

③交流館もりもりで月2回の販売を継続しています。
そして移住前からの構想で、桃酵母を作ってのパン作りが実現しました(桃酵母の白パン、桃ベーグル等)!
桃酵母があるうちにぜひゲットして下さい!


この記事を書いた人

小林 朗子
東京都板橋区出身。2020年3月2日付で、地域おこし支援員に着任。音大卒の調理師、管理栄養士という異色経歴。担当地区の月舘町産小麦を使った菓子やパンの技術指導や工房直売等を行っている。こだわりは白砂糖を不使用で、ミネラル摂取ができる甘味を利用すること。実は太りにくく、イライラしにくい体作りができる嗜好品を目指している。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる